柿のさちは加齢臭に効果あり、それとも効果なし?

加齢臭の原因は?

まずは加齢臭の原因についておさらいしておきましょう。
加齢臭は加齢に伴い、誰にでも発生してしまいます。
誰も逃れることはできません。
加齢臭が発生するのは大体40歳代以降と言われていますが、中には30代で加齢臭を漂わせる人もいるようです。

 

そもそも加齢臭が発生するのは、体内で「ノネナール」という物質が発生するためです。
これは食習慣による影響が大きいといわれています。
習慣ですから、すぐに変えるのは難しいですし、変えられたとしてもすぐに効果がでるものではありません。
ただ、長期的に見れば食生活の改善は必須と言えましょう。

 

それではすぐに効果を出すにはどうしたらいいでしょうか?
ここで柿のさちシリーズが活躍します。

 

 

加齢臭の原因となる「ノネナール」は以下の仕組みで発生します。

 

 

毛穴などに詰まった「皮脂汚れ」が紫外線によって酸化

「細菌(バクテリア)」が繁殖・発酵

「ノネナール」が発生

 

キーワードは皮脂汚れに伴う酸化です。
加齢にしたがい、酸化に対する抵抗力が弱っていきます。
その結果ノネナールが発生しやすくなるわけです。

 

となると、対応策は2つ考えられます。

 

・皮脂汚れをとる
・抗酸化力を強くする

 

先に書いた、食生活の改善が抗酸化力を強くすることにつながります。
辛抱強く進めるしかありません。

 

もう一つの皮脂汚れをとれば、原因そのものをなくすことになりますから、こちらも有効な方法です。
そして、その最も効果的な方法として柿のさちシリーズがあるわけです。

柿のさちが加齢臭に効くのは柿渋効果にアリ!

加齢臭の原因と対策がわかったところで、柿のさちシリーズの効果はどうなのでしょうか?

 

柿のさちに含まれている柿渋。
柿渋は、日本では古来から防菌防臭の効果があるとして使われてきました。
柿渋には、柿タンニンが含まれています。
この柿タンニンが加齢臭の予防に効果をあげてくれるのです。
タンニンと聞くと、緑茶を連想する人が多いと思います。
実際、お茶のタンニンを使った防臭剤はよく販売されています。

 

ある研究によると、柿タンニンはお茶のタンニンよりも防臭効果が高いという結果もでているようです。
柿のさちに使われている柿渋はこの柿タンニンを多く含むため、防臭効果に優れているというわけです

 

「柿のさち」は他にも加齢臭の原因対策として効果のある、いくつもの成分を有しています。

 

皮脂を毛穴から洗い流す「ペントナイト」
雑菌の繁殖を防ぐ「イソプロピルメチルフェノール」

 

柿渋に加え、加齢臭の原因を除去してくれるのです。

 

加齢臭対策の柿のさちシリーズはこちらから。
↓↓↓